スタートメニューのVisual Studio Code(VS Code)のアイコンが消えた。そして復旧したときの方法

Visual_Studio_Code VS Code

VS Codeを使っていたのだが、何らかの原因でユーザープロファイルが破壊されたときに、
スタートメニューとかタスクバーからアイコンが消えてどこかに行ってしまった。

スポンサーリンク

確認したOSとバージョン

Windows 10 Pro 1903(OSビルド 18362.752)

どういう場合に使えるか

ユーザプロファイルなど、ファイルが壊れてVS Codeのアイコンが見つからないとか、動作がおかしくなったとき。

ただし、壊れ方によっては復旧できないことがある。

手順

%APPDATA%配下とC:\Users\<username>配下の.vscodeフォルダ、ワークスペースフォルダ(必要であれば) が予め、どこかにバックアップされているものとする。

  1. %APPDATA%\Local\Programs\Microsoft VS Code 配下をコピーして復元する
  2. .vscodeフォルダをC:\Users\<username>配下の.vscodeにコピーして復元する
  3. ワークスペースフォルダをもともと配置していた場所にコピーして復元する
  4. VS Codeをアンインストール&インストールする
  5. VS Codeをアンインストールできない場合はインストールのみを行う(上書き)
  6. VS Codeを起動してエクステンションの動作を確認する
  7. 動かなくなったエクステンションをアンインストールする
  8. 4.に戻る

復旧までに行った試行錯誤

VSCodeのインストールパスをデフォルトの設定でインストールしていたため、
%APPDATA%の辺りにインストールされていた。

しかし、探っても見つけられなかったため、ググって調査した結果、%APPDATA%\Programs\Microsoft VS Code の下にあるとの情報があったため、
コマンドプロンプトで%APPDATA%を表示させた。

echo %APPDATA%
C:\Users\<username>\AppData\Roaming

 

となったため、確認しに行ったが、そこにはなかった。
そのため、Vs Codeをダウンロードして、インストールを試みて表示されたパスを見ると、

C:\Users\<username>\AppData\Local\Programs\Microsoft VS Code

であった。 ググったサイトでは、よく見ると、テキストは誤っていたが、画像の方は正しかった。

この配下のcode.exeを実行する必要があるため、ショートカットを作り、
VS Codeと命名してスタートメニューとタスクバーにピン止めをして使えるようになった。

ユーザプロファイルが破壊されたため、新しいユーザを作成して、AppData配下はほぼ丸ごと新しいユーザIDのフォルダにコピーした。

そのため、VS Codeで最近開いていた場所なども記憶されていたが、
古いユーザIDに関係するドキュメントフォルダなどは、新しいユーザのドキュメントフォルダに移動してしまっているので、最近開いたファイルの一部は『開けません』という旨のエラーとなった。
こればかりは仕方がない!

また、エクステンションなども、そのまま使えるようになった

かに見えた。。。

が、GitLensが動作しなくなっていた。 😞

ログを見ると、GitLensにあるはずのファイルがなくなっているらしい。

そのため、GitLensをアンインストール&インストールしてみた。

しかし、改善しなかった。。。

なぜそうなるのか、よくわからなくなってしまったため、一度、VS Codeをアンインストールして再インストールし、その後、GitLensを再インストールしたところ、うまく動作した !

教訓

  • 人は間違いを犯すもの
  • 執念をもってすれば道は開ける(と思う)
  • 時にはよく分からなくてもアバウトにして脱力しよう

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました