心の平静を得るには − 10.アンガーマネジメント −

最近では怒る 👿 ことが非常に少なくなりました。そのせいで、安定した状態でいられるようになっています。

厳密には、『怒ることが少なくなった』というより、『怒ることのないように解釈するようになった』ということです。

私は以前は怒りやすい傾向にあったのですが、怒るとパワーを使うのみで後で疲れることになる上に、周囲の人々との関係を険悪にするのみとなるため、全く良くありませんでした。

そのため、『怒りをコントロールしてみよう』という気になったのです。

そこで、怒りの芽が何となく出始めたときには、その原因を作った相手のことを考えるようにしました

例えば、『どうしてそのような言動や行動をしたのか』を根本原因分析することで、原因を突き止めます。

また、仮に『悪意があってそうした』可能性があった場合でも、そのことを責めないようにします

『責めないように』というと、『そんなことできないよ』という人もいるかもしれません。しかし、人間は善意も悪意もある生き物であることは当然のことだと誰しも認めているはずです。そのため、悪意があったとしても仕方のないことなのです。

以上のように考えて、『怒る原因となった行動を悔やむ』ようにし、相手に『どうしてそんなことをしてしまったの。。。』 🙁 としょんぼりと話して認知させるようにしました。

すると、相手は怒っていないものだから、怒り返す可能性は非常に低くなり、喧嘩には発展しなくなります。しかし、原因は伝えているため、修正しようとしてくれるようになります。

結果として、心の安定を崩すことなく、相手にも問題点を改善させることができるようになる 😳 という寸法です。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました