たった40分でリアルな風景CGを生成する方法

terragen Terragen

#リアル #風景 #CG #terragen

実は何年も前からですが、terragenというソフトを使って、ダウンロードも含めてたった40分程度(いや、もっと早いかも!)でリアルな風景CGを生成することができます! 
このソフトは、フリー版も存在し、簡単にリアルなCGが生成できてしまうので、ご紹介します。
小生のサイトの至るところに貼ってある風景CGは全てterragenによるもの!

スポンサーリンク

使える環境

現時点(2020/05/15)では、下記の2つで使えます。

Windows  64bit
Mac  64bit

また、CPUのスピードとメモリはできるだけ多いほうが良いです。
小生のPCは以下です。CPUはCore i3,メモリは8GBで、メモリはちょっと増強してますが、旧世代のPCのため、CPUは大したことありません。

ちなみに、上のことを確認するには、下記のようにWindowsの検索バーで、”sys”と入力して”システム情報”を選ぶと、すぐに見ることができます。

確認したOSとバージョン

Windows 10 Pro 1903(OSビルド 18362.752)

ダウンロード

ここ⇩からダウンロードします。
おそらく入ったページの画面からして、こんなものが作れるのかあ!と圧倒されると思います。

Planetside Software
The home of Terragen - Photorealistic 3D environment design and rendering software.

英語ですが、Chormeで日本語翻訳でもするとわかりやすいです。”無料トライアルをダウンロード”または、原文の”DOWNLOAD FREE TRIAL”からダウンロードします。
下記のようにメールアドレスを聞かれるので、入力します。

以下の画面に変わります。$0の支払いとなっていて、お金は一切かかりません!

上のホームページの下に、下記のようにダウンロードリンクが表示されます。
WindowsまたはMacのどちらかを選んでダウンロードします。

すると、メールに下記のようなものが届きますが、ニュースを受け取らないのであれば、何もしなくて良いようです。

インストール

インストールはダウンロードしたものをクリックするとインストールできるので、省略します。

起動

Windows10の場合、以下の表示になります。
Planetside Softwareの下にTerragen4があるので、それをクリックします。

下記の画面になります。
”Use Free Version”を選択します。

さあ始めるぞ!

いきなり、下記の画面になります。
なんだか山のようなものがすでに表示されています。

さっそくレンダリング(CGの生成)をしてみましょう。
すでに下記の画面の右にはけっこうリアルな山が表示されています。しかし、これはただのプレビューです。
①メニューの”Renderers”をクリックし、
②”Render Image”をクリック
たったこれだけ!

画像の生成が始まります。ここからは放置します。
PCの性能によりますが、小生のPCでも10分もすれば出来上がります。

できた!

ゴツゴツさせてみる

上の山はものたりませんねえ。もっとゴツゴツさせます。
ゴツゴツさせるだけなら他にも方法はありますが、山に近寄ってみます。

下の画面では,①でメニューで”Terrain”を選択して山の簡易画面に行きました。これはしなくても移動はできますが、この画面がおそらく一番速いのでこうしました。
次に、②の指す右上に小さな円があるのでそこを押すと、下のように大きくなります。
これが移動用のパネルです。
下に白いバーが2つ見えます。この白い部分をなくすと、移動のスピードを上げることが出来ます。
近寄るには、△を押しつづけます。

下はかなり寄ったところです。
寄りすぎて表示が変になりました。山の下に潜り込んでしまったためです。

では、上に上昇します。
下図の”+”を押します。すると下のように山の上から見下ろせました。

下のように、”displacement”タブを押し、矢印部分を大きくすると、
ゴツくなりました。
これで、前述のとおり、”Render Image”すると、完成です!

終わりに

いかがでしたでしょうか。
英語にさえ慣れれば、実に簡単に短時間でリアルなCGが楽しめることがわかったのではないでしょうか。
存分にお試しください。
今後も、terragenに関する記事は執筆していきますので、ご期待ください!

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました