1. Home
  2. /
  3. マシンとの戦闘録
  4. /
  5. MSYS2
  6. /
  7. Windows10・MSYS2上でだいたい3手順でgit cloneできるようにしてみた

Windows10・MSYS2上でだいたい3手順でgit cloneできるようにしてみた

iceburg MSYS2

Windows10のユーザプロファイルが読み込み不能になったため、別ユーザを作ってファイルコピーをして復旧するのだが、そのときに、MSYS2も使ってみました。
実は会社でも使用しているが、自宅では初めてとなるため、ついでに本投稿に記載します。

前に使っていたユーザプロファイルでは、WSL (Windows Subsystem for Linux) を使っていたので、またインストールしなおしてもよいのだが、早急にgitなどを使いたいためです。

スポンサーリンク

確認したOSとバージョン

Windows 10 Pro 1903(OSビルド 18362.752)

どういう場合に使えるか

手順

インストール

下記からダウンロードしてインストールします。

MSYS2

小生の場合は msys2-x86_64-20190524.exe がダウンロード対象でした。

物足りないものをインストールする

git, vim, diffなどのインストール、Macのpbcopy相当の設定など、こんなものがないとわ? と思うものをインストール、設定します。

pacman -S -u
pacman -S git
pacman -S vim  # vimmerにとってvimぐらいは入れときたいです
pacman -S diffutils  # diffぐらい入れときます

cp ~/.bashrc ~/.bashrc.org
# Macのpbcopyみたいのを定義します
echo "alias pbcopy='iconv -f UTF-8 -t CP932 | /c/Windows/system32/clip.exe'" >> ~/.bashrc
echo "alias vi=vim" >> ~/.bashrc # viと書くほうがいいので

gitレポジトリのclone

下記はBitbucketの例です。
HTTPSの場合は事前にBitbucketに公開鍵の登録は不要ですが、代償としてパスワードの入力が求められます。
SSHの場合は事前にBitbucketに公開鍵の登録が必要がパスワードの入力は求められません。

git clone https://username@bitbucket.org/teamsinspace/documentation-tests.git  # HTTPS経由(Bitbucketに公開鍵の登録不要)

または,

git clone ssh://git@bitbucket.org:teamsinspace/documentation-tests.git # SSH経由

できました!

あまり大した戦いではありませんでしたが、いちおう勝利です。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました